2006年3月アーカイブ

2006年3月13日

そんな中

そんな中で1ヶ月がたち、約束していたジョンソンアトリエに行く時が来た。
ニューヨークのマンハッタンのペンステーションからニュージャジー行きの電車に乗ってトレントンへ。駅からアトリエへ電話する。
 
 この日のために練習していた会話マニュアルを広げつつおそるおそる電話する。
 マニュアルは日本で知り合った英国人の友人が作ってくれたものだ。

 たどたどしくも何とかこれから伺うことを先方に伝える。
 駅前のタクシーを捕まえ乗る。
投稿者 hkimura : March 13, 2006 11:35 AM

March 10, 2006

なぜ神への憧憬が

なぜ神への憧憬が芽生えたのか。

実は1986年当時、私は心の病に冒されていた。
アメリカへ行く前々年あたりから鬱状態であった。
1986年6月、ニューヨークに来たものの心は固い鉄の中に閉じこめられていた。これから10ヶ月の間、無事に過ごせるのか-----。

気がかりだった。

昼間の大半はホテルのベッドで過ごし、夕方ぶらりと街中へ出かけた。
そんな毎日が1ヶ月ほど続く。

現実の世界から逃避したかった。
一体自分は何のためにものを作っているのか?

藁をもつかむ気持ちで教会へ通う。
生きることとは何か-----。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。