« シリーズUNTITLED | ホーム | 日本の裏側で »

2006年2月14日

シリーズUNTITLED②

1989_work.jpg
 アメリカ滞在中、週末には近所の教会に通っていたのが私の中にある祈りのかたちを引き出すきっかけとなった事は前にも書いた。

 百年の歴史を持つという近所のその教会。天空から差し込む太陽の光がステンドグラスを透過し、美しいハーモニーを奏でている。

 見上げるばかりの高い天井。
 正面には、重厚な存在感を放つパイプオルガンのオブジェが、古びた真鍮の輝きを放っていた。
 素直に祈りの心と対面出来る空間がそこにはあった。人類が神へ捧げた一途な気持ちに、今まで気にも留めていなかった美の出発点を発見したような気がした。

 しかしきっかけは教会であったが、私の中にある祈りの原点は九州の生まれ故郷にある。異国の中で自己の内面を再発見することになった。それが岩肌へと結びついている。

 帰国後、様々に模索しながら岩肌と線による祈りのかたちを追求して行った。

 下の写真は1989年日本で鋳造し、アメリカの雑誌に掲載したUntitledシリーズの作品である。技法は蝋型鋳造によるもので、シリコンブロンズを使用した。

作品タイトル:「Untitled(Susobana Valley-1)1989」
制作年月日:1989年8月
展示場所:上山田文化会館 ホワイエ
長野県千曲市上山田町
展覧会名:鋳金工房「鋳」展
スケール:260mmx560mm
素材:シリコンブロンズ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hkimura.com/data/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、Hitoshi Kimuraが2006年2月14日 08:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シリーズUNTITLED」です。

次のブログ記事は「日本の裏側で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。