« 日本の裏側で-2 | ホーム | そんな中 »

2006年2月24日

日本に帰って

日本に帰ってきて発見した新たな事実。
など大げさな表現をしてみたがどうって事はない。日本には気楽に入れる教会が少ない。
いや、実はあるのだが何となく気後れしてしまう。

教会を求めて探してみた。

アメリカでは街の一ブロック単位で教会があったがここには見あたらない。
たまにあっても門戸が閉ざされており、どこにも見うけられる神社のような開放感が無い。ドアを押し、中へ入る、それを阻む見えない壁。

むろんアメリカでの教会も通常はドアが閉じられている。
だが、町が放つ空気が教会を親しみやすくしている。そこに住む人々の暖かい人間臭を感じ、ドアを押し開ける勇気が沸いてくる。

日本でのそれは臭いを感じる事が無いように思えた。

周辺を探索すると同時に玉砂利の件もあったので長野の山、川を、石を求めてドライブする。
風光明媚な山道を走っているうちにあることに気付く。
見晴らしの良い山道のポイントとなりそうなこんもりとした丘陵など、必ずといっても良いくらいに神社の祠か鳥居がある。

ハンドルを握っているうちに何となく心弾む気持ちになるところ。
どことなく周囲の風景に惹かれるところには、鳥居がその場所を見守っている。

そしてその多くは風雪に耐え歴史を感じる風格を持っていて、小さいながらも威厳を放っている。昔から代々その土地に住んでいた人々が大切に受け継いできた魂の継承が、そこにはあった。

祈りの原風景。
捨てられ、忘れ去られようとはしているが、それでもなおかつ毅然とした神への憧憬。

いつの間にか心惹かれていくのを感じた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hkimura.com/data/mt-tb.cgi/10

コメントする

このブログ記事について

このページは、Hitoshi Kimuraが2006年2月24日 08:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本の裏側で-2」です。

次のブログ記事は「そんな中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。